検索
  • 湧也 鈴木

アスリートから学ぶ、トレーニングを継続するチカラ

こんにちは、代表の鈴木です!


先日、「プロバスケットボールチーム・山梨クインビーズ」の近内選手にお越しいただき、トレーニングを見させていただきました。

競技の最中に特定の場面で感覚が悪くなることがあり、それを直すためのカラダの使い方を身につけたいとのことでした。

運動センスはさることながら、トレーニングの目的の明瞭さに驚かされました。


そして、その目的の明瞭さこそが、健康維持やダイエットを目的とした運動においてもそれを継続するカギだと私は思っています。



さらに、私たちトレーナーの役割は、その目的を果たすために何をすればいいかを伝えて実践することです。


明確な目的を持っているからこそトレーニングを始めることができるし、意味があるとわかっているから続けられます。


「よっしゃ、今日からトレーニング頑張るぞ!」と意気込んでは見たものの、ストレッチだけで終わってしまったり、「なんでこんなきついことをやっているんだろう?」と思って辞めてしまうことも少なくないかと思います。


もちろん、アスリートほど明確な目的は必要ありません。

ですが、「肩の痛みを取るためにこの種目をやっているだ」とか「太ももを細くするためにこの種目をやっているんだ」などと、目的とやっていることがしっかりとリンクすれば継続するための大きな力になります。


まとめると、

明確な目的があること。

その目的を果たすためにど何をすればいいかわかっていること。

それがトレーニングを継続するためのカギです。


せっかく運動するならその辺もしっかり整理して、トレーニングの時間をより有意義にしたいですよね!


では!



甲府・甲斐市のパーソナルトレーニングジム 【ベルノア 】

TEL:080-6790-8284(8:00~19:00)

Add:山梨県甲斐市名取35牛田ビル1F


⬇︎体験・問合せ⬇︎

https://www.bellnoa.com/contact



70回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示